©2019 BY AROMANCY

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

Address Italy: Schlossberg Str. 35 Nova Ponente, Bolzano

 It is not often that oils in Earth Element get to be the medicine. But there was one time a young man approached me who needed it. He was a student of acupuncture, came from a part of the world where people are struggling to survive. Full of idealism and desire to help those underprivileged. I observed that he was rather pensive. He did not immediately pose a question or offered a theme. So I asked, simply, “are you happy?”. He answered, “I’m not sure if I am supposed to be happy, when there are so many people suffering, especially where I come from.” Empathy is a beautiful quality a man can have. But if you were not happy, or if you don’t know how to be happy despite the challenges of life, then how can you offer anybody the same? I have him explore some oils from Fire Element to see what his heart says.

He came upon Linden and immediately became contemplative. Something triggered him that tapped his deeper memory. He did not identify it by its name, so I explained that Linden was a tree that bear green flowers, and in Eastern Europe they were often planted in the town centre where people gathered. The tree had a significant importance, so much that a currency was named after it. It was obvious that the scent of Linden brought him closer to home. The session continued. The theme became clearer, For him it was about not losing the connection to his home, and bring his energy to offer happiness. It was important for him to remain in light and optimistic, so I suggested to explore Earth Element, in particular citruses. 

From all citrus oils, he chose Orange as it has the most mature sweet scent. That was his medicine.

土要素の精油がメディシンとして使われることはあまりありません。何故なら一般的にこれらは何かを変える動機を与えるものでなく、どちらかというとシンプルでベーシックなものたちだからです。

しかし、ある日それを必要とする若者と私​​は出会いました。彼は席に座り、しばらく静かにしていました。私は彼の物思いにふける表情を観察しながらテーマを提示するのを待っていましたが、何となく単純に「あなたは幸せですか?」と尋ねました。すると彼は「私の故郷は貧しく、非常に多くの人々が苦しんでいます。ですから外国に来て勉強できる身分の私が幸せでいて良いのかわからない」と答えました。 

彼は東洋医学の学生であり、恵まれない人々を助けたいと願っているのでしょう。他者への共感はこの若者が持つ美しい資質です。しかし、自分自身幸福を知らない、幸福になることを拒否した場合、どのように他に幸せを提供できるでしょうか?

そこでまず私は彼に火要素に連れて行きました。花は生命の最大の喜びを表しています。

そこで彼はリンデンと出会い、すぐに瞑想的になりました。その名は知りませんでしたが、何かが彼の深い記憶を引き出したようで、懐かしさを覚えると私に言いました。

リンデンは緑の花を持つ木であり、この木は非常に重要で、東ヨーロッパでは人々が集まる町の中心部にしばしば植えられていると説明しました。リンデンの香りが彼を故郷に連れ帰ったのは見て明らかでした。

この経験でテーマがより明確になりました。彼にとって大事なのが、故郷とののつながりを失わないことであり、人々に幸福を提供するために彼の持っているエネルギーを使うことです。そのためには彼が明るく楽観的でいることが重要だと思い。私は土要素、特に柑橘類の香り使うことを提案しました。

すべての柑橘油から、最も成熟した甘い香りがあるため、彼はオレンジを選びました。それが彼のメディスンとなりました