A teenage girl showed up with a look of distress in her eyes. She could barely speak, and when she finally opened herself up, tears began to flow. She said, she has been raped.

A silent followed. I needed to assess the situation myself, and how to proceed with the consultation. Who was the aggressor? Does she has a physical damage? Has she told anyone in her family?

As she calmed herself down, I slowly brought these questions to the table. The boy was her new friend that she liked, but he wanted to go faster than she, and she gave in unwillingly. And no, he didn’t hurt her physically, and she didn’t want to tell her family yet. Relieved that this was not a case beyond my responsibility, I offered her the most beautiful Rose I had. She loved the smell. I told her, Rose is the queen, and she knows her beauty. She doesn’t give herself up easily, and protect herself with thorns. Like Rose, you too are a queen and you are to be respected. To support the rose I chose her the sandalwood to gently be grounded, and a hint of Clove Bud to elevate the energy, which adds a bit of innocence so she doesn’t close herself down with one bad experience. 

Three was a perfect number for a young woman to live creatively. 

This was one of a few occasion when the message was clear, and needed little exploration. Rose is not the oil that I recommend to young people normally, as I associate it to be more mature scent. This was an exception.    

ある10代の少女の目には苦痛の表情が満ちていました。彼女はなかなか話し始めることができませんでした。涙が流しながら、かろうじて彼女は言いました、レイプされた、と。

私はしばらく無言でいました。この問題は自分が関わって良いのか、保護者や警察に通報するべきなのか、状況を正確に判断する必要がありました。

彼女が落ち着きを取り戻したので、もう少し状況を説明してもらうことにしました。男は、彼女が親しくしていた友人で下が、ただ、まだ体を与える準備が整っていなかったと言いました。そして彼女は、このことは親には伝えたくないと言いました。そして彼は暴力で彼女を傷つけはしなかったと言いました。

これは私の責任を超えたケースではないことを確信して、セッションを行うことに決めました。普段行う香りの探検はこの場合不必要と感じ、直接私は彼女にローズを提供しました。ローズは成熟した香りですので、通常若い人に勧める精油ではないのですが、この時はローズの持つ意味が彼女の助けになると思いました。薔薇は花の女王です。その地位を認識しています。そして棘を持つことで自信を守ります。彼女もバラのように尊敬に値する存在です。

そして傷ついた心を癒し、地に足をつけるために白檀、(フランキンセンス)を選びました。世界に羽ばたく象徴として三つの精油で構成するためクローブバッドを選びました。

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​