Studying at Sophia University in Tokyo.

Self-confessed high achiever, she needs to be better than others in what she does. 

From her mild temperament it was difficult to understand what she actually meant. She did not look like someone who put others down in order to be on top.

She asked what she feels is jealousy when she finds others doing better than her, and added if she cannot be the best, she is just wasting her time. 

 

She went through 30 or so oils, separating them to likes and dislikes.

Told her to reject ones she did not like, and tell me her impression about ones she liked.

All floral scents with typically feminine quality were out.

All herbs were also either too sharp or to heavy, and also out.

 

When she met Frankincense, she said that was her favorite so far.

She liked Hinoki because it brought her down to earth.

Both are considered spiritual scents.

 

Out of flowers she liked Acacia, Linden, and Saffron

Acacia is a scent of introspection.

Linden is a familiar scent of Eastern Europe

Saffron is passionate but also spiritual.

 

I was surprised that she chose Saffron out of the three.

 

Frankincense, Hinoki, Saffron made the basic harmony. The top note was Fragonia - sharp but floral beauty from Australia.

 

And we added an accent of Blood Orange to suggest being easy on herself, and seriousness can also be with light. 

29 November 2019 © Aromancy

 ​

上智大学で勉強しています。

自称高い向上心の持ち主。彼女は他人より常に優れている必要であると思っています。

彼女の穏やかな気質から、彼女が実際に意味することを理解することは困難でした。彼女は、他の人を押し除けてでもトップに立つような人のようには見えませんでした。

彼女は私に、他の人が自分よりもうまくやっているのを見たときに起こる感情が嫉妬心であるのかを尋ね、ベストでいられないのなら、やっていることは時間を無駄だと付け加えました。

 

彼女は30ほどの油を選べ、好き嫌いに分けました。

私は彼女に嫌いなものは除き、好きなものについてはその印象をえてくださいと言いました。

 

一般的に女性らしいタイプの花やフローラルの香りは全て弾かれました。

また、ほとんどのハーブはシャープすぎたり、重すぎたり、で弾かれました。

フランキンセンスに出会ったとき、彼女はこれが今までのお気に入りだと言いました。

彼女はひのきが好きでした。

両方とも精神的な香りと見なされます。

 

彼女はアカシア、リンデン、サフランが好きでした

アカシアは内省の香りです。

リンデンは東ヨーロッパではなじみのある香りです

サフランは情熱的ですが、精神的でもあります。

 

彼女が3つからサフランを選んだことに私は驚きました。

 

フランキンセンス、ヒノキ、サフランが基本的な調和を作りました。トップノートはフラゴニアでした-オーストラリアからの若干シャープな美しい花の香りです。

 

そして最後にブラッドオレンジのアクセントを追加しました。明るく真面目に生きるために。

 

2019年11月29日©Aromancy

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​