©2019 BY AROMANCY

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

Address Italy: Schlossberg Str. 35 Nova Ponente, Bolzano

Story in English follows..

アンは崩壊家庭で育ったそうですが、その割には社会によく適応し、自分に自信を持っていることに気付きました。彼女は驚くほど上手い英語で、5年間の恋愛関係を終了し、新しい仕事を始め、幸福を求めていると言いました。

彼女にとって幸福とはどう言うことか、説明を求めると、彼女は幼い頃から弟の母親代わりであり、その上、外で仕事をしなければならなかったので、今度は世話をされる側、弱き者を演じたいと答えました。

 

彼女は甘い香りを嫌い、花の香りは魅力的ではありませんでした。彼女は木質の香りを好み、そこに安心感を感じました。

 

彼女は小麦胚芽の香りに自分自身を見つけました-まだ誰ももそれを選択したことがなかったので私にとって驚きでした。

グラウンディングのために、サイアムウッドを選びました。ベトナムの少女にとってそれは「マイホーム」に一番近い香りでしょう。そして、トップノートとし石楠花を選びました。それには「ホームカミング」と言う意味を持ちます。

 

これらの3つは驚くほどうまくブレンドしましたが、完全性には納得していなかったので、おそらくラビンツァラ(カンフル)を追加することを彼女に提案しましたが、彼女は必要ないと言い切りました。

An comes from a broken family but I found her well adjusted and confident of herself. She told me in surprisingly good English that she ended her 5-year relationship awhile back, she started a new job, and she is seeking for happiness - which meant finding a partner who treats her well. Asked to elaborate, she answered that she has been the “mother figure” for her younger brother since young age, and also having to work outside the family, she would like for once being taken care of, or for once play the “weak” figure.

 

She disliked anything sweet, and didn’t find any floral scents attractive. She liked woody scents which gave her the sense of confidence.

 

She found herself in Wheat germ - a surprise for me because nobody ever chose it. For grounding she chose Siamwood which for a Vietnamese girl is plenty close enough to “home”, and as top note Rhododendron whose message is also about “home”. 

 

These three blended surprisingly well, but I was not convinced of completeness so I suggested to her perhaps Ravintsara (camphor) will be a nice addition but she refused saying it wasn’t necessary. I then had to agree with her.