Celine.jpg
Kensei.jpg

Japanese speaking French and French speaking Japanese.

The couple had each their own issue to discuss, but were similar theme of career path.

She felt her life was satisfying but perhaps still missing something. He wanted to work abroad but has not made concrete action or even IT job he is on is the right career path.

 

When someone is settled in a secure position and generally satisfied, is there really much that needs to be done? Céline’s choice of Rose Geranium seemed perfect for its gentle feminine/Yin quality but also useful healing plant and not so strong egoism. Her choice of Camphor as a top note seemed also perfect as it is devoid of color - it’s simply there as balancing play of Yin and Yang. Then the third and only extra element was necessary to see the possible element of change. She chose Coriander seeds. All seeds can symbolize fulfillment, storing of energy, potentiality, spring (change) is yet to come. 

Keisei perhaps comes from well-to-do upbringing - observing simply from his taste for the finer things in life such as Sandalwood and Saffron. His choice of Bergamot as Earth and Jamrosa as Metal indicated that mild, take it easy nature. He neither has to fight for or fight against his take. However, adding them to Sandal and Saffron created murky, nondescript mash that was almost an insult.

Life beckons definition! Thus I asked him to choose something from Wood element.  He selected Laurel, White Sage, and Oregano. Any of them would work to clear the cloudiness, and it was matter of his decisions. To help: Laurel symbolizes pride, diligence, winning. White Sage symbolizes clarity, uncompromising determination. Oregano symbolizes optimism.

日本語を話すフラン人とフランス語を話す日本人のカップル

二人は各個人のテーマがありましたが、どちらも職業に関するものでした。

彼女は人生に満足をしているが、まだ何か足りないと感じていました。

彼は、海外で仕事をしたいと思っているが、まだ漠然としていて、現在のITの仕事が正しい道かもわかっていませんでした。

概ね満足で安泰な時、特にやるべきことがあるのでしょうか?

セリンの選んだローズジェラニアムは、優しい女性的(陰)の香りを持ち、自己主張が抑えられていて、合っていると感じます。トップノートとして選ばれたカンフルも透明感のある強さで、この二つの組み合わせで陰陽のバランスがとれています。

変革を意味を持つエキストラの要素としてセリンが選んだのがコリアンダーシードでした。全ての種には、達成感、蓄えられたエネルギー、将来への可能性といった意味があり、春・チェンジはすぐそこ、しかしまだ待たなければいけません。

ケイセイは多分良い家で育ったであろうと言うことが、彼のサンダルウッドやサフランなどの高貴な香りを好むことで伺えました。土要素から選んだベルガモット、金要素から選んだジャムローザから、彼のマイルドでイージーな気質が現れています。しかしこの四つのオイルをブレンドしてみると、特徴のない濁った香りになり、ほとんど侮辱行為でした。

​人生には決断が必要です。そこで彼に木要素から何かを選んでもらいました。ローレル、ホワイトセージ、オレガノ。どれを使っても濁りをクリヤーすることができます。彼自身が決めることはこれらのハーブの持つ意味でもあるでしょう。

ローレル=プライド、勤勉、勝利

​ホワイトセージ=明快、妥協のない決意

​オレガノ=楽観主義

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​