In Japan on one-year work holiday.

Gregoire had difficulty formulating his question or setting the theme of the session. What eventually came out was of the existential kind. The path he should take and the purpose in his life. He said he was lost in time and space. It is a first world problem but Buddha had exactly the same problem.

He mentioned his hypersensitivity to sound, his needs to be seen, meeting expectation, be loved and accepted. These are keywords that maybe the place to dig deep and find out the root of his issues, but I was not certain nor convinced of how to go about defining it.

I asked him to go make a random selection of oils from all elements.

He had a good range of olfactory capacity. Although he ended up not liking most of them, the way he picked from edges of the board where more unusual, or sharper scents are placed showed his willingness to explore. 

What he actually liked, were of more rounder, softer,  less edgy scents. 

After the first round of selection, I was not able to determine the direction where this session needed to go, and what the perfume should be like. If we were to mix all what he liked, it will be a jumbled mess. We needed to eliminate a few. 

We went back to his statement at the beginning, and tried to clarify his desire.

What does he want to offer the universe?

“Loving, Caring, Understanding… “

Then he said “Creation!”

Finally there was a focus, and we settled on 3 oils which symbolizes his goal. Although he is Occidental, the choice he made were all from the Orient.

ワークホリデーで一年間の滞在中。

グレゴワーは質問、テーマを上手く定義するとが難しかったようです。最終的に出てきた言葉は実存的なことでした。自身の進むべき道、人生の意味、役割、彼は時空の間で迷っていました。先進国の悩みですが、仏様も同じことで悩んでいました。

​彼は、音に対して過敏であるこっと、愛されたい、受け入れられたい、など付け足しで伝えてきました。

これらのキーワードを頼りに、真髄のテーマを探って行かなければいけないのですが、私もどう進めていくべきか、満足できる方法が見つかりません。

そこで彼に全ての要素からランダムに選び、匂いを嗅いでもらいました。

彼の鼻は広い域の嗅覚を持ち、結果的に好みではなかったけれども、アロマンシーボードの端の方にある稀な香りにも興味を持ちました。そこには彼の探究心が伺えました。実際に好んだ香りは、ソフトで丸いモノたちでした。

探検が一通り済んだあとも、まだ私はこのセッションの方向性が掴めませんでした。もし彼の選んだ精油を全てブレンドしたら、それは雑乱とした物になってしまいます。選別をしなければいけません。

私たちは、最初に戻り、彼の欲求を明確にする必要ばありました。

「あなたは世界にどんな事を提供したいですか?』

この質問に対し、「愛、気遣い、理解』と答え、最後に『創造』と言う言葉が出てきました。

最後になって、フォーカスが生まれ、それを象徴する三つの精油を選ぶことができました。

西洋人である彼が選んだのはすべで​東洋の香りでした。

 

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​