A young man from Russia sat with me one day. He appeared animated, and sure of himself. He didn’t have a question in his life that needed an answer. So I said, then let us talk about someone else. He has not had a good relationship with his father, and he was a little frustrated that his father was becoming out of touch with the world, and losing fire in his life, despite his relative young age. Perhaps it was more like his father did not approve of the son’s way of living. Perhaps it was the battle of the father’s way of dealing with youthful idealism that irritated his son. The son wanted to teach his father how to live.

In this case I felt to put together four oils, to make a frame in which two of them can spend time together.

First I had him explore Water Element oils.  After several oils, we came upon Valerian. This oil is not the best smell one by any stretch of imagination. Some even describe it as the smell of dirty socks. But for the first time since we started our exploration, he correctly identified the smell. I took it as the sign that this was the right oil for him in the Water Element. It fit well with the theme as well; Valerian is about work and play, survival and living in peace. He chose Tagete as the heart of his father. It is the scent of a wise person, however repulsive at times. In regards to teaching his father a lesson, there is a quality of the way to go about it.. A sample of Wood Element oils were presented, some harsh, some mild, and he chose Bupleurum. He wanted to give it to him softly. Bupleurum is a stimulating but harmonising herb treasured in Oriental medicine. Lastly we explored Metal Element. When he came upon the essence of Pine, he paused a long time. I watched him going to a space of deep memory. He told me the scent brought him back to the sauna, where he and his father had spent time, man to man, naked. 

ある日、ロシア人の男性が私の前にきました。若さで活気に満ちたように見えた彼は答えを必要とする問題などない言いましたが、それでもアロマンシーに興味があったのでしょう。ですから私は彼に問いかけました。では、あなたの知り合いで問題を持っている人はいないでしょうか、と。すぐさま彼は父親の名前を挙げました。彼曰く、父は年齢的にまだ若いにもかかわらず、情熱を失い、それ故世界との繋がりを避けている。そう、苛立ちながら話ました。

ではどうしたいのかと聞くと、彼は父に生き方を教えたいと言いました。

自分を変えることは努力で可能でしょう。しかし、他人を変えることは期待はずれになることの方が多いでしょう。彼の言葉の陰には父親への愛が感じられました。ですからこのセッションでは家や安定を意味する数、4っつの精油を選び、息子と父親、二人を香りの世界で結ぼうと思いました。

最初に、私は彼にベースとなる水要素に連れて行きました。しばらくして彼はバレリアンと出会いました。驚いたことに、彼は匂いからその名前を当てました。私はこれが彼にとって正しいオイルであるというサインとしてそれを取りました。バレリアンの香り一般的にあまり良いと思われていません。汚れた靴下の匂いとさえ説明する人もいます。しかし、仕事と遊び、生存、そして平和な生活といったテーマ的にあっていると感じました。次に私は彼を火の要素に連れて行き、父親を思い出させる香りを探しました。彼は、タゲテ(マリーゴールド)を選びました。タゲテも、花特有の良い香りはもっていません。どちらかというとスパイシーな香りです。しかしインドでは神様に捧げる花ですので、尊敬に値する賢い香りなのでしょう。タゲテは自分をよく知っている。美しさが全てではありません。そんな父親に生き方を教えるには、それなりの知性が必要でしょう。エネルギーの方向性を変えるために木要素に向かいました。そこで選ばれたのがブプレウムでした。 漢方ではサイコと呼ばれる薬草で、刺激的ですが調和の取れた精神安定を助ける効能があります。最後に、金要素を訪れました。そして彼はパイン匂いを嗅いだ時、長い時間そこに立ち止まりました。私は彼が深い記憶の空間に行くのを感じました。彼は私に教えてくれたのは、小さい頃のよく父と一緒に入ったサウナの香りだったのです。

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​