Once I had a client, a good looking man, who lived a life of a traveler. He made a decent living, and along the way had short and sweet affairs. He always left the place and the woman before they got heavy. Then one day he felt enough is enough, and wanted to go home, meet the woman who he can bring to his mother to meet. But the life he led is, however tiring, addictive. I asked him to look into oils in Fire Element. Not to know his own heart, but find a scent of woman of his life. So he went about methodically - Some were for sure attractive, but too beautiful, and some were too sweet, and he felt she will be too needy. After all, he did not find the one he could trust. So I suggested to go beyond the Fire Element, and when he came upon Rhododendron, he looked up and said, “this is she - she is not so beautiful, but trustworthy, and I feel at home with her” 

Rhododendron is considered as a sacred medicinal plant in Tibetan culture. It is used for fourth chakra issues, (relating to Lung and Heart element) to heal emotional pain of broken life line and to create reconciliation. 

Today he is back home, and found his Rhododendron and married her.

イケメンの旅人が私のところに来ました。彼は旅をしながらも十分な糧を得ることができ、所々で、ロマンスも経験していましたが、そんな人生に終止符を打ち、誰かと結婚して家庭を作りたいと言いました。

そこで私は彼を火の要素に導き、理想の女性の香りを探してもらうことにしました。彼は匂いに対する感性が長けており、各精油に詩人のごとくいろいろな表現をするので、私にとっては楽しいひと時でした。しかし、37の金要素全てを試しても、香りが甘すぎる、セクシーすぎて信頼できないなど、そこには理想の女性、彼が自分の母親に会わせられる相手がいませんでした。これはもしかすると、彼は自分に嘘をついているのかと疑ったほどです。

仕方なしに、私は彼に心包系の場所も見てみるよう勧めました。

彼が金要素においてあるシャクナゲ (ロドデンドロン)に出会ったとき、彼は見上げて言った、「これは彼女です-彼女はそれほど美しくはありませんが、信頼できる、そして私は彼女と一緒に故郷の家にいるように感じます」

シャクナゲは、チベット文化の神聖な薬用植物と考えられています。それは、壊れたライフラインの感情的な痛みを癒し、和解を作成するために、4番目のチャクラ問題(肺と心臓の要素に関連する)に使用されます。そして、花言葉では故郷に戻るという意味があることをのち知りました。

実際彼は故郷に戻り、6ヶ月後には彼のシャクナゲを見つけ、結婚し、子供もできました。

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​