Leaving Japan after two years.

Holding together a relationship is a challenge in the best of situation, but when two people move to a foreign country things can get intense sometimes. 

So she is letting go and move back to Europe, striking out the new path on her own, and she is looking for the strength to go forward with a new hope. 

I asked her to randomly pick 20 oils out of the board. As I know there is no such thing as randomness I remarked she went straight to the center of the board where Rose Damascus waited for her.

Then out of 20 she chose Elemi, Muhuhu, Verbeine, and Tulsi. Each of them would sit tightly next to Queen Rose as if to protect her. Combined scent was predictably extreme feminine. 

I was concerned that this will not give her the strength that she was asking for, so I asked her to look further and find more masculine scents to counter the energy. 

It turned out to be one of the more difficult session as she rejected anything that she found “sharp”.

Eventually she came to compromise and chose four of them - Rosalina, Clove, Calamus and Sage.

Even though they were relatively more masculine, I was not convinced that they could improve the original Five. In fact instead of adding them I mixed these separately and let her mix the amount on her own. 

The sum result were less than original.

 

When someone does not wish to step out of her comfort zone, there is nothing one can do to help. 

Then I read back her initial statement, and realized that she did not ask for a change. 

She just wanted to find her own strength and her choosing Rose showed that she has always been, and always will be the Queen. 

 

Just like what she did in real life, I let go of the outside elements, and mixed her a new batch of original five.

日本に2年滞在後帰国を決断。

恋愛関係は普段でも難しいもの、その上言葉の通じない外国では更にチャレンジがあります。

彼女は関係に終わりを告げ、ヨーロッパに戻ることに決めました。新たな一歩を一人で踏み出すのに必要な力と希望が欲しいとのことでした。

私はランダムに20の精油を選んでくださいとお願いしました。実はランダム程ランダムでないものはないのです。

彼女の手はまっすぐボードのど真ん中に伸び、そこにあるダマスクローズを取りました。ローズは花の女王ともいえ美しい故に扱いが難しいと思っています。その周りにエレミ、ムフフ、バーベイン、トゥルシーが女王の守りを固めます。ブレンドは超女性的な香りになります。

これでは、彼女の欲している力を得ることはできないと心配し、もう少し探検をして男性的な匂いを見つけるよう勧めました。

しかし彼女はあらゆるシャープな香りを拒否しました。妥協で選んだ、ロザリナ、クローブ、カラムス、セージは、男性的、(陽)のエネルギーを持った香りですが、それが助けになるか自信が持てませんでした。

思ったとうり、最初のブレンドをそれ以上に良くすることはできませんでした。

もし本人がおもう安全域から出たくない時、他は何も助けることはできない。

そこでもう一度彼女の希望を考えてみれば、変化を希望していたのでは無く、ただ自分の力を見つけたかったのだと気がつきました。彼女がローズを選んだ以上、いつでも女王であるということでした。

​結局、最初のブレンドを作り直すことで、一件落着となりました。

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​