©2019 BY AROMANCY

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

Address Italy: Schlossberg Str. 35 Nova Ponente, Bolzano

 A mature woman came into the shop I was working, looking for Tarot cards. She was interested in what I was offering, and agreed for a consultation. She shared with me about her men problem, that her current boyfriend had been freshly separated, and he was not very committed to a relationship with her. She felt insecure and did not know what to do. This was a classic case of Yin side of self not being able to come to term with the action of others, and attacking the self on Yang side. Everyone has free will as a birthright. In any relationship, there is nothing you can do if your partner decides to give less than you wish to receive. No option but letting go of your expectation, otherwise your frustration and disappointment will attack your Yang side, your Earth and Metal  become worried, and angry, and turn to compulsive behaviours that are ultimately damaging to everyone. Without any judgement I offered her first to look into Fire Element to know her heart. Out of many she explored she chose Rose and Champaca as her favourite, showing her sweetness and fragility. Next she explored Metal Element, her connection to others. She chose Cajeput and Litsea. Both oils are rather gentle oils for Metal Element, suggesting she does not put up much fight. Her choices for Water Element, Tonka and Rose Geranium continued this trend. She was a total feminine. These choices convinced me that she does not need to look into Earth Element, and I already had a feeling that the combined oil will be heavy and murky. We needed something that would change the outcome. Wood Element oils were perhaps most difficult for her, here too, she chose the beautiful oil of Laurel. Finally I introduce her to White Sage, and somehow she were able to accept it. The time came to blending. As each selection were added to the mix, it got less and less defined. Her expression mirrored mine. Seventh one, the beautiful Laurel, nearly killed it. A nondescript sweetness turned into murky mash. “If this is how it ends, well, that is the lesson”, I thought. But White Sage saved the day. Only a few tiny drops cleared the mist, and we were able to detect the family of scents individually, and it was all beautiful again.

私がセッションを行なっていたアムステルダムの本屋にアメリカ人の成熟した女性がタロットカードを探しにやってきました。彼女はアロマンシーに興味を持ち、セッションに同意しました。彼女の質問は、ボーイフレンドとの問題でした。彼女曰く、彼は離婚したばかりで、彼女の期待とは裏腹に、新しい関係に深く入っていくことを拒んでいて、それが彼女の不満でした。彼女はどう対処すれば良いのか知りたかったのです。

これは、自己の陰の側面(何かを欲する力)が他者の行動受けいることができず、陽の側面(何かを与える力)を抑制する典型的なパターンです。

誰もが生得権として自由意志を持っています。どんな関係においても、全てを受け入れる以外何もできません。そうしないと、欲求不満と失望が陽の側面、土と金要素を攻撃し、心配、怒り、の感情が生まれ、最終的にすべての人に損害を与える強迫的な行動になります。

私は彼女にまず自分の心を知ってもらうために火の要素に連れて行きました。彼女は数多くの花の香りから、ローズとチャンパカをお気に入りとして選びました。どちらも濃厚な甘さを持つ美しい香りですが、それゆえのデリケートな面を示しています。 

次に彼女を、自己を外部攻撃から守る意味を持つ金要素に連れて行きました。彼女はカジェプトとリトセアを選びました。両方とも金要素の精油の中でも特にやさしい香りを持ち、彼女が戦いを好まず、保守的であることを示していました。

水要素での、トンカ、ローズゼラニウムの彼女の選択は、さらにこの傾向が続き。彼女の性格が、100%陰、女性的だということがわかりました。この段階で、彼女には土要素からのヘルプは必要ないと確信しました。私はすでに、彼女の選んだ精油をブレンドすると、個々では美しい香りが重くて濁ってしまうことを知っていました。

結果を変える何かが必要でしたので、私は彼女を木要素に連れて行きました。彼女にとってはそこにはあまり好きな香りはありませんでした。結果的に一番親近感を持てるローレルを選びました。

ブレンディングを始め、一つ一つ精油を混ぜる工程で、彼女の表情は匂いと比例して、曇ってきました。最後にローレルを入れても、濁りは消えませんでした。

そこで私はホワイトセージを紹介しました。彼女は拒否反応を示しましたが、現状も耐えかねるものでしたので、受け入れる以外ありませんでした。

結果、私の想像以上にホワイトセージは濁りをクリヤーする役割を果たし、たった数滴で、他の精油の持つ本来の良さを引き出したのです。