In Tokyo for six month on scientific research project.

 

Her question was if she would find contentment in her chosen path.

As this question came from someone with the top education who is given the chance to work on the most coveted research projects, I was wondering what could possibly be the reason that she would lose the joy, or from where a doubt of her worth can possibly arrive.

 

I led her to the horizontal axis and asked her to choose 6 oils from Earth Element and 6 oils from Wood Element and rank them according to her liking.

From the Earth She chose Spearmint as the best and Lemon the second

From the Wood She chose Thyme as best and Myrrh as the second.

From the Fire she chose Honeysuckle the best followed by Gardenia and Jasmine the reserved Iris and WhiteLotus as undecided.

 

I was pleased with her choices as they tell her calm and sharp mind combined with beauty, joy and resilient nature of vine flower.  These three would already make a pleasant perfume, but it wouldn’t answer her question.

 

What makes her doubt her future? What is she really afraid of? To find out, I asked her to do the same process in the Water Element. An interesting result on the hindsight should not have been ignored. She chose very much opposing scents as her number one and number two. Tolu is the resinoid from tropical wood with wet-sweet scent, and Moss which must survive on scarcity of water. 

Instead of taking more time to figure out the significance of these two,  I asked her to choose out of two she reserved from Fire Element.  Both Iris and White Lotus relate to the story of a scientific researcher: the "path to the glory" must be considered itself  "glorious" because once you reach there, it would not last even a day.

 

While these four made a pleasant yet profound perfume, I was left wondering about one’s we did not choose.  Was the answer to her question found in these plants? Perhaps, it is her intense drive to succeed will someday consume and exhaust her latent energy and no longer able to fulfill her own expectations. 

科学者。リサーチプロジェクトのため日本に6ヶ月の滞在中。

彼女の質問は、自分の選んだ道で、将来満足•幸せが得られるかどうか。

 

トップの教育を受け、最も望まれるリサーチプロジェクトに参加できる立場の人が、どんな理由で喜びを失うのか、この疑いが一体どこから来ているのでしょうか?

私は彼女に土要素と木要素から直感で6っつづつ精油を選んでもらい、好きなものから順にランキングしてもらいました。

土要素では、スペアミントが一番、レモンが二番でした。

木要素では、タイムが一番、ミルラが二番でした。

火要素では、ハニーサックルが一番、次にガーディニア、ジャスミンは保管、アイリスとホワイトロータスは未定でした。
 

シャープ(タイム)で落ち着き(スペアミント)同時に、綺麗で弱々しくも丈夫な蔓科の花(ハニーサックル)

私はこれらのチョイスが彼女の性格にぴったりで、よい香水ができると確信しましたが、彼女の質問の答えが出てきません。

なぜ彼女は将来を疑っているのでしょう?何に恐れているのでしょうか?それを見つけるために、水要素に行ってもらいました。そこで見逃してはいけない結果が待っていました。彼女は、まったくタイプの違う二つの香りを選んだのです。

トルは南国の木の樹脂。甘く湿った香り、オークモスは水分の少ない環境で育たなければいけません。

これら二つの精油の意味は後で考えるとして、もう一度火要素に戻り、未定で置いておいたアイリスとホワイトロータスについて考えてみました。アイリスの花の香りは実は球根から、それも3年の熟成が必要。ロータスは悟りを辛抱強く待つと言った仏教のシンボルでもあり、花は1日しか満開しない。どちらも科学者としての彼女を物語っています。

最終的にタイム、スペアミント、ハニーサックル、ロータスの4っつをブレンドした香水は軽い、淑やかな物となりました。

​しかし後日思ったことは、使われなかった残りの精油達のメッセージでした。もしかしたら、彼女の心配というのは、仕事に励みすぎて、肉体が持たなくなってしまうのではないか?ということだったのかもしれません。

©2020 by  Bowen Wei for  AROMANCY

Address Japan: NAKANOKU CHUO 1•25•5•104 TOKYO 

080-2678-5002​

info.aromancy@gmail.com

whatsapp: 00-49-176-7087-2657

www.facebook.com/aromancy.org

Disclaimer:

Essential oils are highly concentrated aromatic compounds of plant origin that are known to contain various degrees of chemical/medicinal properties. Aromancy is, however, not aromatherapy (French school style in particular) nor is a program to develop an aromatherapist. Essential oils are used only as “scents, or perfume” and used only at the safe level of dilution. Aromancy does not promote unsafe use of essential oils such as internal consumption.

The word “Medicine” or "Medicinal" in all articles of Aromancy publication has no association to “scientific” or “allopathic” medicine governed and practiced by qualified individuals. Aromancy does not claim to cure any medical condition, nor give any medical advice. Aromancy uses the word “medicine” or "medicinal" only in their original meaning, as the Art of Healing.

お断り書き: 精油は高濃度の芳香性化学物質であり、多種多様の薬用成分が含まれています。しかしながらアロマンシーはアロマセラピーではなく、そしてアロマセラピスト養成のプログラムでもありません。アロマンシーは精油の体内摂取をお勧めしません。これらの精油はあくまで香りの原料として、体外仕様で安全なレベルまで希釈して使われます。

アロマンシーは医療方式ではなく、治療、または病気を癒すというクレームは一切いたしません。また、アロマンシーは精油の小売業者ではなく、コンサルティング、そして教育が活動目的であります。

アロマンシーのホームページ、教材などで使われている「メディスン=薬」という言葉は、科学的、医薬学的観点の意味ではなくあくまで、文化的伝統的に「役に立つ物質」として使っています。​